歌詞・曲・編曲 眞鍋弘嗣

 

何を今 探しているのだろう このまま時が止まれば

ひとりきりで 弱虫な僕は 君を待っていたんだ

君を待っていたんだ

 

眠りは終わり 戦いに向かう日は

孤独な手のひらで 集めた言葉 限りなく綴る死に

 

僕は生きる

こぼれる過去を 続く未来を わずかな時を 叶わぬ夢を

あふれる声を 見つめる顔を 確かな日々を 僕は生きる

 

夢を見たよ そばにいるだけで 強くなれると信じていた

小さすぎて 泣き虫な僕は 君を待っていたんだ

君を待っていたんだ

 

手を取って 祈って 仰ぐ空に向かう日は

何を持って 想って 誰が為に胸を刺す 響く血に

 

僕は生きる

変われるように 変わらぬように 許せるように 許さぬように

哭くせるように 無くさぬように 話せるように 離さぬように

 

忘れないことで 信じることで 繋がることで 歌うことで

伝えることで 愛することで 笑うことで 僕は生きる

 

僕は生きる

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
承認後表示されます。承認されず削除されることもあるので予めご了承下さい。